SSブログ
前の15件 | -

三本杭 [2020年の山行]

三本杭 1226m


sanbongps.jpg

四国百山・四国百名山の残りを消化に愛媛南予の三本杭へ

四国百名山には挙げられているが四国百山では同じ

鬼ヶ城山系の高月山と鬼ヶ城山になっている。

コースは

万年橋から床滑渓谷に沿って上がり、桧尾根で帰る周回

※軌跡は熊のコルへのカーブをそのまま薄い踏み跡で

八面山からの稜線に上がっています。




PB150713.JPG

万年橋たもとの登山口から常滑渓谷を上流につめて行く。



IMG_2401.JPG

夏になるとウォータースライダーしている映像で有名な

雪輪の滝




PB150729.JPG

万年橋付近ではちょうど見頃の紅葉も渓谷ではまだの様子。




IMG_2408.JPG

渓谷にそそぐ沢を横切ったり




PB150739.JPG

渓谷のナメを対岸に渡るポイントが何ヶ所がある

なにせ、ナメ岩だからロープがなければ滑りやすい。

奥千畳の二股から二の俣沿いに高度をあげて行くとやがて

八面山からの稜線が見えてくる。



IMG_2414.JPG

広いブナの尾根道から三本のタルミという横の森との鞍部に

くると熊笹の原になり鹿避けゲートを三ヶ所通り抜けると

三本杭の山頂。

周りに高い山がないので展望は抜群、西に宇和海が望めかすかに

九州も、北東方向に石鎚山も見えるそうだが山また山でどこやら?




PB150750.JPG

下山は桧尾根で

馬酔木のトンネルに続き、石楠花の群落が、それを過ぎると

葉をすっかり落とした広いブナ林の尾根。



PB150751.JPG

尾根の途中の御祝山998m

ここからは快適な尾根道から一転して細い急な下り

急な上に落ち葉が積もっているので足を滑らさないよう注意。

林道と交差点まで来ると車の音が聞こえてきだし半時間もせず

元の万年橋たもとに降りてくる。


PB150712.JPG




PB150756.JPG


松野町の森の国ぽっぽ温泉で汗を流して帰る。

シニア料金で420円、無料の足湯利用の方も大勢


宇和島まで自動車道が通り、便利になったと云え

徳島から320km、4時間かかるので標準コースタイムの

6時間を頭において歩かねば日帰りにはキツイ山行になる。





nice!(0)  コメント(0) 

早池峰山 [2020年の山行]

早池峰山

1917m



DSC02421.JPG


早池峰とかいて「はやちね」で山名は早池峰山

そして東北は概して山を「やま」でなく「さん」と

読むのが多いようで、この山も「はやちねさん」が

呼名らしい。




キャンプ場や駐車場のある河原坊から林道を歩き小田越えに

DSC02418.JPG

登山口の案内図

古は宿坊が並ぶ早池峰神社からだっただろうが

コースタイムを見ると、とても日帰りできない時間

その頃は山頂で宿泊していたのでは。

今は南面の、ここ小田越えからが殆どだろう。




DSC02430.JPG

樹林帯を抜けると普通は灌木帯だが、ここはすぐに岩の峰になる




DSC02422.JPG

蛇紋岩の岩場が連続


DSC02427.JPG



DSC02425.JPG

あちこちにハヤチネウスユキソウが枯れずに残っている



DSC02435.JPG

梯子がつけられた天狗の滑り岩と名がつく一枚岩

ここを抜ければ、山頂の稜線にあがる。




DSC02437.JPG

上がり一辺倒だったが稜線からは緩やかな登り



DSC02452.JPG

山頂

白い棒が立っている所が山頂三角点1913.6m

お社の後ろ三角錐の岩の先が最高点の1917mでは。




DSC02453.JPG

もと来たコースで下山

古い案内本では河原坊-山頂―小田越え-河原坊の周回コース

がよく載っているが、下山後、早池峰ダム湖畔の道の駅に

河原坊コースの崩落状況写真があったが、大規模の山腹崩壊で

とても歩ける状態でない。




DSC02461.JPG

河原坊駐車場への帰り道からの早池峰山

蛇紋岩の山のため特有の高山植物が咲くので

登るのなら秋山より断然、初夏が良さそうな山だ。











nice!(0)  コメント(0) 

栗駒山 [2020年の山行]

栗駒山


P9300697.JPG

日本二百名山ながら神の絨毯とも言われる紅葉で

シーズンにもなると百名山など顔負けの数でハイカーが

紅葉狩りに訪れる。



P9300670.JPG

東北道一関ICからイワカガミ平へ向かう




DSC02523.JPG

7時前だが広い駐車場は概に8割ほど埋まり

次々に車が上がってくる。


P9300675.JPG

中央コースで山頂に向かう



P9300676.JPG

ナナカマドなどが混じった灌木帯の中

石畳の整備された登山道が続く。



P9300677.JPG

灌木帯を抜け栗駒山が姿を現す。




P9300687.JPG

山頂に着く。

須川コースなど、あちこちのルートからハイカーが上がってくる。

380度の展望で今回、登った岩手山や早池峰山が望まれ

富士山のごとき鳥海山も大きく見えている。



DSC02446.JPG

正面、雲の上に岩手山が頭をだしている。




P9300693.JPG

帰りは東栗駒コースで下山

裏掛けコースとの分岐点



P9300695.JPG


P9300696.JPG

東栗駒山に向け、紅葉の絨毯が広がる

来週の10月第2週が見頃になりそうだ。



P9300701.JPG

東栗駒山は山とはいえない尾根上の小さなピーク。



P9300703.JPG

途中の沢はすぐに渡渉点がなく、石伝いに何十mも下ってから

対岸の登山道に乗る。


P9300707.JPG

雨で流された火山灰の道はあちこちで深くえぐられ

ぬかるみや水溜まりの連続で雨の日など歩けたものでなさそう

晴れててもスパッツをつけないとズボンの裾の汚れは必定。


P9300708.JPG

レストハウス脇に下山

駐車場にはまだ車が続々とあがってくる。

平日にこの賑わいなので紅葉盛期の土日に

路側にも車が停めれず渋滞になると宿泊先で聞いた

話もうなずけれる。









nice!(0)  コメント(0) 

岩手山 [2020年の山行]

岩手山

標高2038m

P9280659.JPG


コロナウイルスの為、四国島外の山には自粛

していたが第2波が納まりかけ国としては経済を

回すため感染予防を前提にGOTOトラベルを

言い出したので恩恵に少し預かろうと

2年前は台風で、昨年はフェリーの機関故障で断念

してきた東北に3度目のアタック

今回はフェリーに懲りて、飛行機とレンタカーで。

まずは東北の名峰、岩手山へ






P9280613.JPG

焼け走り登山口

平日(9月28日月曜日)とはいえ東北を代表する

百名山、何ヶ所も登山コースもあるが、よく利用されて

焼け走りコースなのに停まっている車はたった2台

天気も昼からは晴れの予報なのに意外。



P9280614.JPG

駐車場直ぐの入り口は溶岩台地の散策コース

登山口はその先10mほどの処だった。

しばらくは溶岩台地に沿うなだらかな樹林帯を歩く

曇りのち晴れの予報だったが雨が降ってきだし

雨具を着用




P9280618.JPG

第2噴出口跡

噴火孔を想像していたがそれらしきは見当たらず。

ガスはかかっているが雨雲は過ぎ、雨具から開放




P9280624.JPG

樹林帯の切れ目から、ようやく展望が現れた




P9280625.JPG

火山灰交じりの火山礫の斜面をあがっていく



P9280630.JPG

コマクサの群生地が続く



P9280631.JPG

五合目ツルハシの分れ

上坊神社コースとの分岐



P9280635.JPG

人の声がしていると思ったら地元の若者3人組が上がって

来た。最短コースの上坊神社から登ってきたそうだ。




P9280637.JPG

屏風尾根の平笠不動岩が見えてきた

避難小屋まであと少し



P9280639.JPG

避難小屋からの岩手山

ここで今日、4人目の登山者にあうがトレラン

小屋からは、ほぼ直に外輪山へのキツイ登り




P9280648.JPG

御鉢に上がってきた外輪山の薬師岳まで噴火口に

沿っていく



P9280651.JPG

2038m薬師岳

残念ながらガスの中で展望は全く無し



P9280657.JPG

平笠不動避難小屋で昼食休憩

昼になって天気は快晴に




P9280664.JPG

日が陰りだした午後4時半過ぎに下山

7時過ぎに登りだしたので所要9時間半ほど

コロナウイルスと夏の酷暑で鈍っていた身には

キツイ登山だった。



nice!(0)  コメント(0) 

中津明神山のオオヤマレンゲ [2020年の山行]

中津明神山 1540m

IMGP5368.JPG


コロナウイルス感染の関係で登山の自粛も

引き続き云われているので今回も四国島内の山に。

梅雨の季節の花と云えばオオヤマレンゲ

四国百(名)山の消化とオオヤマレンゲノの鑑賞

を兼ねて98座目/125座の中津明神山へ。



登山口のアガワスカイパークは土曜だが

天気が悪いためか人影なし、登山者の車も見当たらず


P6270499.JPG



山頂の国土交通省管理のレーダードーム

四国はここと徳島の高城山、高城山の方は未舗装の

スーパー林道とモノレールと行きつくのが大変だが

こちらは舗装路が直下までついているので保守の人は

楽々。


P6270500.JPG



山頂のお社

地形図の山名表記は明神山(中津山)だがお社は

奈勝神社と彫られている、昔、地元では奈勝山?


P6270506.JPG


天気が悪いので山頂からの展望効かず

P6270502.JPG


オオヤマレンゲはちょうど見頃

P6270513.JPG


IMGP5364.JPG



P6270510.JPG

猿越山への縦走路にササユリを探しに下って行ったが

道は県境尾根についた未舗装ながら広い林道、100m程

下ったところで雨も降ってきたので切り上げ。



帰りに2ケ所寄り道

中津渓谷

P6270517.JPG


タイムスリップ?カルスト台地にナウマン象

P6270524.JPG


切りの良い100座目の山は来月に愛媛鬼ヶ城山系の

2~3座を予定







nice!(0)  コメント(0) 

横倉山 [2020年の山行]

横倉山


6月になってコロナウイルスへの非常事態宣言は

解除になった。しかし、県外をまたいで特に

本州方面への山は自粛ということで引き続き

四国島内の山で高知の横倉山へ行く。

800mに満たない低山ながら4億年前の石灰岩の

地質や牧野富太郎博士が研究した固有種の植物や

平家落人伝説もありと変化に富んだ山


第一駐車場に車を置き織田公園手前の登山口から登る

P6030413.JPG


四国の道なので良く整備された登山道が続く

P6030414.JPG


剣山神社の手前には鎖場が続くが

四国の道なので、ちゃんと迂回路がある。

P6030417.JPG



横倉山三角点774.3m

三角点があるが最高点は更に進んだ馬鹿試しの岩峰

P6030424.JPG



横倉宮

P6030426.JPG



安徳天皇陵墓参考地

徳島県にも祖谷に逃れたのち病気で亡くなり火葬した

場所があるし、鳥取の扇ヶ山に行った時も安徳の里というのが

あってここに落ち延びてというし、九州の山に行った時も

安徳天皇の墓というのもあったが、真偽のほどはどこも??

平家の残党が落ち延びたのだけは確かでしょうが。この山の

麓には耳なし城了という安徳帝の亡霊に平家物語を語った

琵琶法師を祭る地蔵さんもあってで念がいっている。

(こちらはお経を耳に書き忘れたのではなく香油を

塗り忘れて亡霊に両耳を取られたと話も酷似)

P6030429.JPG


畝傍山展望所


P6030432.JPG


旧名は三嶽山と言ったらしく岩峰が連なる

P6030433.JPG


展望所に行く最中に花の撮影が趣味の単独女性から

花の情報をお聞きしたので引き返し空池に向かう

P6030449.JPG



空池から横倉宮に戻り北の遊歩道で引き返す

無人小屋を過ぎ杉原神社

P6030472.JPG


境内には見上げるばかりの大杉が何本も林立

社は小さいながらも軒や周りに見事な彫刻が施されている

これは干支十二支の彫り物の一部

P6030478.JPG



杉原神社参道の長い急な石段を下り第二駐車場に。

山アジサイやクサアジサイが咲きだした車道を歩き

織田公園を過ぎ第一駐車場に戻った。

P6030482.JPG


ツチアケビの新芽らしい

P6030431.JPG


サイハイラン

P6030452.JPG


変わったエンレイソウかツクバネソウと思ったら牧野富太郎博士が

見つけたヨコクラツクバネという新種のようだ。

P6030441.JPG


ササユリはまだ蕾

P6030489.JPG








nice!(0)  コメント(0) 

筒上山 [2020年の山行]

筒上山・岩黒山

アケボノツツジ・ヒカゲツツジ・シロヤシオ


県内の山や四国の低山、そして一度ブログにアップした山は

再掲しないようにしているが、コロナウイルスの為に移動の自粛が

求められている時節柄、橋を渡って本州の山々には行きずらい。

そのため行くのは県内の山ばかりでブログのネタがない。

3密を避ければいいだろうと過去にブログかHPに載せてはあるが

花の名山、愛媛・高知県境の筒上山へ。



P5200368.jpg

今回はいつもの土小屋からでなく高知側の名野川

登山口からと目論見、寒風山トンネルを越え吉野川沿いに

石鎚公園線を走る。この大瀧の滝からは

直接、手箱山に向かう氷室コースもあるようだ。


P5200373.jpg

名野川登山口に着いたが、駐車している車が無い

コロナウイルスで自粛の最中に誰もいない初めてのコースは

さすがに、万一何かあってはと、おとなしく土小屋に変更。


P5200374.jpg

ガスがかかり天気が今一のこともあってか駐車場は

花の時期の割りには停まっている車は少な目。


P5200377.jpg

尾根コースで岩黒山に向かう

早速盛りは過ぎ乍らもアケボノツツジがお出迎え。



P5200378.jpg

岩黒山山頂、少しづつガスが切れだした。


IMGP5336.JPG



P5200380.jpg

丸滝小屋


P5200382.jpg

崩れてロープを持たないと危ない個所も、歩くたびに

崩れて行くので、そのうちに迂回路が必要では。



IMGP5324.JPG

ヒカゲツツジロードが続く、盛期を過ぎたためアケボノツツジの花が

散って少ないのが残念だが、アケボノとヒカゲの競演もあちこちに


P5200388.jpg

手箱越えの覚心寺道場


P5200389.jpg

ガスはすっかり消えて瓶ヶ森から笹ヶ森のパノラマが一望


P5200390.jpg

鎖場


P5200392.jpg

筒上山北峰、背後に石鎚山の鋭峰


P5200401.jpg

筒上山からの尾根道はシロヤシオ

まだつぼみの木もありで、満開は五月の下旬では



P5200410.jpg

丸滝小屋からは巻き道で土小屋に


P5200411.jpg

こちらは三つ葉ツツジ、まだ蕾ばかりの木も多い



P5200412.jpg

土小屋登山口


行も帰りもコロナウイルス対応でトイレ休憩以外は

どこにも寄らずで三密は十分に回避ながらも

早く県外への往来自粛解除が待たれる。
















nice!(0)  コメント(0) 

蓼科山 [2020年の山行]

八ヶ岳連峰

蓼科山




P3070046.JPG

暖冬とあって諏訪からのビーナスラインも大門街道にも

道路上には除雪が行き届き全く雪なし

女神茶屋登山口の駐車場もコロナウイルスの影響か?

先着の車は十台ほどと週末の土曜で天気も絶好の割には寂しい




P3070057.JPG

2114m三角点をこえ幸福平付近で展望がひらけ

八ヶ岳の峰々が一望




P3070067.JPG

高度が上がるにつれ霧氷も見え始める




P3070071.JPG

例年なら、まだ頭が真っ白の赤岳なども今年は

黒いところが多く見える





P3070080.JPG

気になっていた天気は崩れず

空はピーカン、頭上には雲一つなし




P3070114.JPG

山頂のお社


P3070116.JPG

北岳や御嶽山、木曽駒など南アルプスや中央アルプス

そして穂高方面の山々と文字通り360度のパノラマ



P3070119.JPG

すずらん峠からの蓼科山






P3080146.JPG

翌日は霧ヶ峰に

車山山頂からの蓼科山

ガスがまわって昨日のような展望は望めなかったが

それでも蓼科山からは八ヶ岳に隠れて見えなかった

富士山が頭を出していた。










nice!(0)  コメント(0) 

蓬莱山 [2020年の山行]

蓬莱山


先月、雪を求めて比良山系の堂満岳に行った際

蓬莱山の山頂も真っ白だった。天気予報で西高東低

天気になり西日本の平野部でも雪になるというので

あの蓬莱山なら大雪になると期待して出かけた。

しかしながら大雪警報が出ていたのに淡路を抜けても
気配なし、京都に入ると少し反対に晴れ間も



P2190001.JPG


キタダカ道の登山口に着いたが九時を過ぎているのに

先着の車は一台も見えない。準備をしていると、ようやく

一台やってきた。



P2190006.JPG

期待よりは少ないがそれでも先日に降ったばかりの

新雪に覆われている。




P2190009.JPG

天狗杉





P2190011.JPG

所々に倒木があるが迂回路が作られどこも簡単にクリア


P2190012.JPG




P2190013.JPG

ここがクロトノハゲ?分岐に地蔵さんが立っている

先にはロープウェー山頂駅が見える。




P2190024.JPG


P2190031.JPG

雪に埋もれ不明だが剣を持っているので多分の不動明王像が

あるところから上にあがるとすぐ先が琵琶湖テラス。



P2190032.JPG

ロープウェー山頂駅の打見山はホワイトアウト

山頂駅ではもうほとんどがアジア系の観光客ばかり

周りは雪交じりのガスで何にも見えないのに

コロナウイルスも関係なしの御様子







nice!(0)  コメント(0) 

比良山系 堂満岳 [2020年の山行]

堂満岳


1月になったのに今年はまるで雪が少ない

比良山系なら少しは雪山が味わえるだろうと

武奈ヶ岳に続く比良第2位の峰、堂満岳へ。

P1190092.JPG

イン谷口のバス停から正面谷の谷コースで上がり

山頂からは南東尾根道を下って、ここに帰る周回コース



P1190094.JPG

ダケ道の分岐がある大山口



P1190095.JPG

堰堤が次々に出てくる地形図で数えても20以上の数になる


P1190096.JPG

正面谷右岸を進む



P1190098.JPG

落石などで危険個所になっている青ガレ

冬は雪崩があるので更に危険らしいが、雪は全く無し。



P1190101.JPG

金糞峠

青ガレからはすぐそこのように思えたが結構時間が掛かった

積雪時にトレースが無ければ青ガレからここへのラッセルは

大変だろう。十字路になっておりそのまま西に下れば武奈ヶ岳

北に尾根を行けば釈迦岳、堂満岳は南の南比良峠方向に。


P1190103.JPG

稜線にでたら雪がおおくなってきたが、それでも足くるぶし辺り

なので15cm程


P1190105.JPG

峠からの尾根道

東側は切り立った断崖だが石楠花のトンネルがあるので少し安心

積雪が多い時は西側の植林帯を歩けばよさそうだ。



P1190107.JPG

石楠花の茂る狭い山頂1057m



P1190109.JPG

琵琶湖側に展望が開けている。 伊吹山が見えるはずですが、どこ?


P1190110.JPG

蓬莱山のロープウェー山頂駅の打見山方面

右奥が蓬莱山、スキーのリフトが見えている、今年は暖冬で

スキー場に雪がないのがニュースになっているが、ここは

大丈夫なのでは。


帰路は尾根を下るが山頂直下の標高差100mほどは

大変な傾斜の下り

木の幹や露出している根っこをつかまりながらの下る。


P1190114.JPG

ノタノホリ 

例年の今頃なら氷が張っているのでは。




P1190115.JPG

ノタノホリから直ぐで殆どが廃屋の別荘地にでる

近くの比良バレイがまだあった時にはスキーや避暑で

賑わっていたのだろうが?



P1190116.JPG

比良駅との分岐

バス停はこの先の橋を渡ればすぐ其処







nice!(0)  コメント(0) 

夜叉ヶ池山 [2019年の山]

夜叉ヶ池


PB210114.JPG


今回の山行はピークを目指すのではなく

干ばつに苦しむ村を救うために龍神の住む池に身を投じた

夜叉姫伝説を元に泉鏡花が彼独特の耽美的な手法で描いた戯曲

「夜叉ヶ池」の舞台になった三国ヶ岳の山中にある夜叉が池

を訪れるのが主目的で、今までにも行く機会を伺っていたが

台風による落石で通行止めだったり、能郷白山とセットで

計画したもののトラブルで時間が無かったりとがで、今回

三度目の正直で訪れる事ができた。


アクセスは福井県側から。前回、能郷白山とセットした岐阜県側

からが所要時間が短いが、概に冬季通行止めになっている

この福井県側からも明日から通行止めになるため今年登れる

最後の日になっている。

PB210064.JPG

登山口の入り口になる広野ダム湖畔、明日はここから通行止めになる。

背後は三周ヶ岳と思われる、山頂付近は積雪で白くなっている。


PB210066.JPG

登山道入り口

広い駐車場とトイレがあり大きなカツラの木が立っている

山に向かって鳥居や灯篭がたっているので山がご神体?


PB210085.JPG

鳥居をくぐって登山道が始まる


PB210088.JPG

途中の夜叉滝



PB210131.JPG

トチの大木

前を流れる岩谷川にちなむのだろう「岩谷のトチ」の名がついている



PB210137.JPG

飛騨美濃紅葉三十三選に選ばれているだけあって紅葉は見事





PB210095.JPG


PB210096.JPG

だんだんと雪が目立ってくる



PB210098.JPG

畔に着く


PB210105.JPG

半月ほど早ければ紅葉が池面に映っていただろうが概に木々は

葉をすっかり落としていた


PB210116.JPG

南に向かい三国ヶ岳への稜線を進み夜叉ヶ池山1212mを

目指すが山頂標識は見当たらず、また1212mピークから

地形図に載っている北に降りる道もそれらしきものはあるが

それも藪と雪ではっきりしなかった。

 計画では池から北東に三周ヶ岳へを予定していたが

登山口への道は事前の役場への確認では通行できるはずだったが

来てみると、工事で通行止めになっており折衝で時間が浪費し

通れたものの登山口に着いたのが3時間遅れで時間無し

三国ヶ岳はまたしても宿題として残ってしまった。


PB210139.JPG











nice!(0)  コメント(0) 

恵那山 [2019年の山]

恵那山

2189.8m




enasan.jpg

中央道の園原ICで降り、すぐに左折

本谷川沿いに上流へ

通行止めゲートの隣に登山者用の駐車場道があり

そこから登山口まで半時間ほど林道歩き




P9261294.JPG




P9261295.JPG

広河原登山口




P9261296.JPG

川(本谷川)を渡る

標高2071ポイントからの支尾根に上がるまでの

高度差100mほどは急な登り

尾根にあがってしまえば歩き易い道になる

ただし両側は背の高いササが茂り雑木で展望は良くない。





P9261297.JPG

1/10毎に標式が立っているので山頂に辿る目安になる

ただ8/10の標識板だったと思うが外れて支柱だけだった。


P9261300.JPG

最初は純木と思われるカラマツの林

上がるに連れてダケカンバやブナ、ナナカマドが出てくる


P9261306.JPG



P9261299.JPG

2071m標高点にあがるとなだらかな稜線歩き





P9261301.JPG

山頂に着く、昼頃ながら誰もいない

標高2190mなので森林限界を越していそうなものだが

馬酔木などの雑木やシラビソ?のような針葉樹の高木があって

南アルプスらしきが樹上に見えるていどで

展望台に登っても見通しは良くない

山頂標識には恵那山の名と共に胞山の記載も

天照降誕の際に胞衣を山頂に埋めた伝説で胞衣山

そして胞山になった?




P9261303.JPG

山頂の隅には恵那山神社の祠

それに続く稜線の先に避難小屋があるようだ

それに続いて2191mピーク、2182mピークと2170mほどのこぶ

とが1kmほど連らり本来は一番高い2191m標高点のピークが

山頂なのだろうが多分、展望も同じようにないだろうと1等三角点

にタッチして下山。

P9261308.JPG

登り初めに3台ほど停まっていた車も

皆さん帰った後で残っているのは自車のみ

平日のせいか百名山ながらも人気は今一の模様




X






nice!(0)  コメント(0) 

甲武信ケ岳 [2019年の山]

甲武信ケ岳

2475m


 9月の末は一足早い東北の秋山へ行く計画だったが

なんと昨年に続いて予約してあった秋田行の

新日本海フェリーがまたしても台風17号で欠航に!

オーシャン東九フェリーで東京に行き北上して

安達太良や磐梯へとも考えたが、こちらも台風の

為に欠航になるかも知れないとの事で

 安全牌で甲信越でまだ行っていない山へと。


甲武信ケ岳は

名前の通り甲斐・武蔵・信濃の三県堺とあって

どの県からも道はあるようだがアップダウンが無く

渓流沿いで歩いやすいという千曲川源流コースで。


車は清里高原から野辺山を経て川上村に入り

千曲川に沿って進むと終点が登山口の毛木平で

大きな駐車場がある。


P9251246.JPG

毛木平登山口の駐車場


停まっていたのは4台、甲武信小屋泊りの方もいるのか?

きれいなトイレがあり幕営禁止の表示もなっかたので距離の

長い十文字峠コースならここで車中泊やテント泊で前泊して

早朝に出れば周回コースで日帰りが出来そう。





P9251243.JPG

東屋にあったコース案内図

源流コースはなだらかな登り一辺倒



P9251249.JPG

大山祇神社



P9251257.JPG

源流に向かう渓谷は苔だらけ



P9251259.JPG



P9251263.JPG

一枚岩のナメ滝



P9251269.JPG

案内板が処どころにあるが、なぜか距離表示が中途半端なのがある


P9251273.JPG



P9251279.JPG

千曲川・信濃川源流の碑




P9251280.JPG

写真では判り難いが一筋の細い水流ではなく砂礫の中から

急に沢一面にどっと水が溢れ出して川になっている。



P9251281.JPG

沢筋から稜線に上がると標柱が

西に稜線をたどって行けば国師が岳~大弛峠~朝日岳~金峰山

に至り廻目平に下れば、それこそ大周回になりそう。



P9251282.JPG

甲武信ケ岳山頂


昼前の11時半についたが山頂には誰もおらず

お昼が済んで下る間際に木賊山の方から

戸渡尾根で上がってきた単独の方だけが山頂で

出会った登山者のみ。

何故かこの山では出会った方は二人組が一組だけ

で後はすべて単独、しかもいずれも男性で

女性にはお目にかからず。



P9251284.JPG

左奥に見えるのが金峰山

写真の左には北岳などの南アルプスの山も山頂をのぞかせていた

富士山も南に見えるはずだが雲の中らしく確認出来なかった。











nice!(0)  コメント(0) 

赤城山 [2019年の山]

赤城山
1828m
P8091171.JPG
大沼湖畔の黒檜山登山口から登る
案内板には黒檜山の表示で1.1kmとなっていた
整備された登山道なら半時間強の所要時間なのだが
ガイドブックのコースタイムは1時間半になっている。




P8091174.JPG

樹林の中の大岩だらけの急な尾根道なので歩きづらい

コースタイムが1時間半になっているのに納得



P8091176.JPG

途中に富士山が見えると云う展望ポイントがあったが

富士山はどこに?




P8091177.JPG

アンテナが林立している山の左側に見えるそうなんですが

雲に隠れているのか確認できず。




P8091178.JPG

稜線まで上がり切れば急登から解放され

なだらかな道で山頂までは、すぐの距離





P8091179.JPG

朝方は雲一つない快晴だったが山頂まで上がってみれば

スジ雲や積層雲が現れ、遠くでは雷鳴も聞こえるので

手早くお昼をすまし、2分程先のビュウーポイントへ



P8091181.JPG

皇海山や尾瀬の燧ケ岳・至仏山から谷川岳までの名だたる

山々が一望。正面には昨年登った武尊山も見られた。

同行している山の会のメンバーには岩に慣れていない中高年

が多いので岩場の下りは難儀だろうと、当初予定のピストン

から駒ケ岳を経て大洞に下る事に。




P8091183.JPG

御黒檜大神の祠と鳥居



P8091185.JPG



P8091186.JPG

なだらかな稜線の先に駒ケ岳が頭を覗かしている。


P8091188.JPG



P8091189.JPG

大タルミから登り返し駒ケ岳を下ったところに

鳥居峠へと大洞との分岐があり、鉄の階段や木道が続き

湖畔道に降り立った。










nice!(0)  コメント(0) 

木曽駒ケ岳 [2019年の山]


木曽駒ケ岳



P5150795.JPG



菅の台 バスセンター

大型10連休明けとあってバスセンターの駐車場に

停まっている車はまばら


P5160861.JPG


貸切状態のバスでしらび平駅に


P5160859.JPG



しらび平駅から駒ケ岳ロープウェーで標高2650mの千畳敷駅に

P5160858.JPG




千畳敷カールでは菅の台を始発バスに乗ってきたと

思われる集団が八丁の直登に挑戦中の姿が遠望される

P5150798.JPG



こちらもまず駒ケ岳神社にお参りしてから

準備を整えて出発

2日程まえから降っていた新雪が緩み

あちこちから雪崩が起きている


P5160855.JPG




八丁の直登に喘ぎながら乗越浄土に上がってきた

P5150831.JPG




宝剣山荘

P5150806.JPG




風を避け天狗荘の倉庫前で昼食休憩したのち

中岳へ、中岳山頂からは宝剣岳がいいアングルで臨める

P5150811.JPG


一旦鞍部に下り最後の登りで木曽駒山頂に

P5150817.JPG



残念ながら乗鞍も御嶽山も山頂は鉛色の雲に覆われ姿が見えず

P5150819.JPG








nice!(0)  コメント(0) 
前の15件 | -